オスティア使用ガウェイン

f:id:ragnellike:20181001125620p:plainf:id:ragnellike:20180330201959p:plain

構築環境

16弾

デッキ概要

2019年5月25日(土)に開催された第10回オスティア闘技場 -イリア諸騎士団- に参加してきたときに使用したガウェインデッキをこっそり載せときます。

https://www.izazin.com/taikai/90311293

ついに10回目ですか、大台ですね。
このような催しを定期的に開催してくれるだけでありがたいものです、頭が上がらないですね。
私は1回目と9回目のみ参加してない(たまにスタッフもやってる)くらいで、ほぼ参加してる大会がここまで続くと嬉しいですね。
今後も頑張ってほしいですし私も微力ながら協力させていただきます。
はい、当ブログはオスティア闘技場とズブズブです!

さて、今回使用したのはガウェインです。
貫禄の分布1、予選5回戦でテキスト確認3回14弾緑の虐待ぶりを象徴するかのような主人公ですが、握った理由はちゃんとあります。

  • ビートダウンが多いと聞いていたので、コストはかかるものの3ターン目から受け80になれる選択肢があって殴り合いにはめっぽう強い
  • 16弾の神SRクルトナーガで回収できるので安定してガウェイン他を回収できる
  • 支援30が好きなので、無理なくいっぱい積めて、高打点でいっぱい殴れる
  • 好き(一番大事)

デッキレシピ

f:id:ragnellike:20210311153617p:plain

理想的な動き

1T目 1cクルトナーガ出撃、退避を肥やしてパンチ
2T目 3cグレイルにCC、パンチ
3T目 5cガウェインにCC、パンチ
4T目 「クリミア女王 エリンシア」をCCさせて出撃、ガウェインを2回成長させて完成。(ここでゲームエンドすることも)
5T目 シグルーン出撃、逃げている相手を釣ってパンチ

天空アイクとの違い

5弾で登場した「蒼炎の勇者 アイク」は「天空」という、主人公を攻撃した時に脇を2体まで最小絆1リバースで撃破できるという親子だなあと思わせるようなスキルがあります。
かつて天空アイク軸でデッキを組んでいた身として、いい機会なので明確な違いを挙げたいと思います。

  • 3cが射程が伸びるのがアイク、射程が伸びない代わりに固いのがガウェイン
  • 自力成長が一応できるのがアイク、全く自分で成長する気がないのがガウェイン
  • 最速4T目でしかも相手が前衛にいなければ80になれないのがアイク、最速3T目で80になれるのがガウェイン
  • 相手のオーブに依存しない代わりに撃破数上限があるのがアイク、相手のオーブが0の時しか敵を撃破できない代わりに強烈なのがガウェイン
  • 味方を強化する気はさらさらないのがアイク、味方を強化して軍団を率いるのがガウェイン

これらの違いから、天空アイクはそれほどスピードは要求されず、成長しながら確実に脇を潰して手数を細くしていくのに対し、 ガウェインには相手のオーブを割るスピードが要求され、かつ成長もしていかないといけません。
このことからガウェインには、成長させつつ殴れるユニットを優先的に採用していく必要があります。
まぁまだまだ理解できてないところも多いのですが、おおむねこんな感じだと思います。

採用理由

デインの剣騎 ガウェイン
f:id:ragnellike:20180330201959p:plain 1枚 主人公。このデッキにエルナはいません。採用は何度も考えました!ごめんね!!さっさとCCしましょう。「ガウェイン=グレイル」という特殊スキルが必要になるので仕方なさそう…。
傭兵団の団長 グレイル
f:id:ragnellike:20171114123025p:plain 4枚 2ターン目70になる、殴り合いに強く出る1枚。後攻の時はそんなでもないですけど先攻の時はこれ乗った瞬間ビートダウンは止まります。このデッキ唯一の旧レギュ落ち対象カードなので、13弾マーカスとかジェイガンの互換で新グレイル出してくれませんかねぇ…。
明けぬ慟哭の夜 グレイル
f:id:ragnellike:20180330201958p:plain 1枚 待ち対策にピン投。待ち相手に初手にあるとウフフってなります。とはいえ安易に乗るとライフゴリゴリ削れて負け一直線なので、乗った後のケアプランがあるときのみにしましょう。
塗り替えられぬ伝説 ガウェイン
f:id:ragnellike:20181001125620p:plain 4枚 緑ユニットを全員返しまで+10する「伝説の神騎将」がすごくつよくてコスパがいいです(小並感)。そのため、自力で戦闘力60を出せる小粒ユニットを多めに採用してパンチ数を増やそうとしています。LvS5「比類なき剣技」は殴り合いを詰めるスキルとして破格なのですが、主人公を殴らないといけないのでその点に注意。
翔騎の血を引く姫 エリンシア
f:id:ragnellike:20180330202030p:plain 4枚 上級エリンシアCC時に出す役割。基本的にはエリンシアを4T目に出したいので抱えておきます。「天馬の稽古」絶対成功させる構築なので移動要員にも、その場合はシグルーンから出して後衛に出てから前衛に移動して必殺で殴ったりします。
清真女王 エリンシア
f:id:ragnellike:20171114125831p:plain 4枚 基本的には「クリミア女王 エリンシア」の「閃空のアミーテ」のコストになるエリンシア。ただ、「明けぬ慟哭の夜 グレイル」から乗りなおすのに「女王の激励」を使用したり、仕事は多彩。
クリミア女王 エリンシア
f:id:ragnellike:20180330202029p:plain 4枚 相手のオーブを割りつつガウェインも成長させたいこのデッキにおいて必須カード。4T目はこのエリンシアにCCして、「伝説の神騎将」+10を乗せた状態から、「美しき信念」と「閃空のアミーテ」でガウェインを2回成長させつつ顔を殴るプランが一番やりたい動きです。このあとLv5になったガウェインで相手のオーブが割れるので、相手の回避次第ではここでゲームエンドすることも珍しくないです。まぁエリンシア12投なんでそこそこ支援失敗しますしそもそも理想プラン過ぎますけどね。
真白き天馬騎士 シグルーン
f:id:ragnellike:20171114125842p:plain 4枚 下級シグルーン。16弾のシグルーンと悩んでこっちにしたんですけど、なんだかんだ「天空の運び手」を持っているあちらの方が融通利いたかもなあというのがオスティア終わった後の反省点。
皇帝を護りし神翼 シグルーン
f:id:ragnellike:20190325130155p:plain 4枚 主人公を殴らないといけないガウェインにおいて、釣り出しスキルである「制空の陣」と、再行動スキルを持つリュシオンを釣り出せる「親衛隊よ、我に続け!」の噛み合いがよい必須カード。他国の王族を親衛隊呼ばわりには草ですが強い動きです。
フィザットを継ぐ者 ジル
f:id:ragnellike:20171114134236p:plain 3枚 ガウェインパンプ込みで戦闘力60まで出せ、天馬をめくれば90まで出るので、ギリギリ軽量アタッカーとしても仕事を最後までこなせる下級ジル。緑のビートダウンといえば入るカードですね。
赤心の神竜騎 ジル
f:id:ragnellike:20171114134235p:plain 2枚 緑のビートダウンでは雑に強いパワーカード。ただ、リバースを食い合うのであまり出番はなく、「次代の竜鱗の王 クルトナーガ」でアクセスもできるので2枚。フィニッシャーとしての力は申し分なく、「戦下の友情」で回避の有無を確認してから一気にガウェインで割り切る動きも可能です。
悠久の旅人 ナーシル
f:id:ragnellike:20171114134220p:plain 2枚 2ターン目に都合よくガウェインが落ちていれば成長させつつアタッカーにもなるおなじみのやつ。素点50なので、神騎将パンプ込みで90まで出せるのでアタッカーにもなれるはずです。放置されやすいので殴ってわからせましょう。羽が生えていればシグルーンで呼べたんですけどねえ。
暁の団の少女 ミカヤ
f:id:ragnellike:20171114131057p:plain 3枚 ガウェインが5cなので、「大いなる希望」でカードを引き、「光の鼓動」でアタッカーにもなれる願ったりかなったりな1枚。緑のビートダウンではおなじみですね。
竜の国の王子 クルトナーガ
f:id:ragnellike:20190325130210p:plain 3枚 「強者の血筋」で退避を肥やしながら60打点で殴れる1cのカード。意味が分からない…!ガウェインパンプ込みで70まで出るので、最後まで充分活躍が見込めます。唯一文句があるのは羽が生えてないこと。上級は生えてるのに~!シグルーンで呼びたいカードでした…。
次代の竜鱗の王 クルトナーガ
f:id:ragnellike:20190325130209p:plain 3枚 後ろに干渉しにくいガウェインデッキにおいて、射程1-2を持つこのカードは貴重。ガウェインの横だとガウェインパンプ込みで80が簡単に出せるので、天馬も多いこのデッキだとそこそこ処理に苦労すると思います(ファルシオンはやめましょう)。「集え、黒竜の下に」で5ターン目以降につながるカードを回収できるので柔軟な動きが可能です。
白の王子 リュシオン
f:id:ragnellike:20180330202023p:plain 2枚 「再動の呪歌」でガウェインを再行動させることができるので、オーブ2から相手を詰めていくことが可能になる1枚。「皇帝を護りし神翼 シグルーン」で釣れるのが◎。
麗しき歌姫 リアーネ
f:id:ragnellike:20180330202033p:plain 2枚 「喜樂の呪歌」でノーコストの回収ができるありがたいカード。事故対策にもなりますし、シグルーンで釣った後に一緒に釣ったエリンシアの必殺を回収するとか、そういう動きもできる潤滑剤。ただ手札はそんなにガウェインにはないので、よく考えて使いましょう。

簡単な対戦レポート

1回戦 緑白黒無暴勇ビートアイク 勝ち チーム勝ち

よく対戦している方だったので構築は把握済み。ガンガンオーブを割ってくれるので手札にパーツは揃い、グレイルCC、ガウェインCCは順調に。
しかしさすがにアイクは100打点で天馬込みでも耐えられないので、4T目はエリンシアCCよりもクルトナーガを優先して回避を回収。
続く5ターン目はエリンシアCC、閃空のアミーテ、1回必殺も交えてアイクのオーブを1まで削りつつガウェイン完成。
ガウェインパンチでアイクのオーブが0になったので、返しさえ耐えれば自動的に勝ちの局面に。
相手のカムイ女→炎刃ルーナは共に弾き、アイクは回避して耐えたので、アイクが自壊し勝利。

2回戦 黒青紫カムイ女 負け チーム負け

プレミしました!
早々に4cイドゥンが見えたので、これ7絆でイドゥン+3ミルラ、イドゥンが4cノノを産んで耐えられないパンチ4パン飛んでくるのでは?と思って弱気プレイングに。
殴り合いで弱気になっちゃダメなんですよ、そのせいでどうでもよさそうな後衛の1cレオンが気になってしょうがなくなり、成長よりもシグルーン出撃を優先した結果、シグルーンで後衛に出したエリンシアが放置されて成長ムーブを取れずテンポロス。
そのまま手札を稼がれつつ1点ずつ通され、最後は危惧していた動きをされて全部通り負け。

3回戦 無青赤黄チキ 勝ち チーム勝ち

初手事故ってマリガン、4cグレイルが1枚しかなくて絶望していたら対面チキ。
これ自壊できるし逆にありなのでは?と思いつつも、乗り直しプランは立てられない手札だったのでやっぱ絶望。
2T目までに竜人捲りたい相手は前衛にチキを突っ張ってくれたので、とりあえず4cグレイルに乗って脇のヘンリーとンンを撃破。
幸運なことにこのターンの自壊でオーブからガウェインを引いたので次に乗り直し。
その後ガウェインが手札に集まり出したので、5T目も3グレイル→5ガウェインと強引にCCを繰り返して完成。チキはそのスキルの特性上前衛に突っ張ってくれ続けたので、そのままオーブを割って0に。
ここから3ターンくらい続けてジェニーOCされ続けて回避をガメられるも、ガウェインはオーブを即座に溶かすのであまり機能させず。
デューテも回収していたのでOCパーツは揃っているはずなのに一向に撃ってくる気配がなくジェニーループを繰り返すので、回避があまりないと判断。
シグルーンとクルトナーガを出撃、親衛隊でエリンシアとリュシオンを出撃させてエリンシアは前衛に移動。ガウェイン2回、シグルーン、クルトナーガ、エリンシア必殺で決め切りエンド。

4回戦 緑紫ミカヤ 負け チーム負け

この辺から疲労ヤバくてあんまり覚えてないんです(普段CS出ないマン)けど、トパックをずっと処理できず(こちらの3積みのミカヤが支援失敗したのは覚えてる)、ルーテサナキで手札循環、ミカヤは後衛に引きこもり。
得意の数値耐えもミカヤパンプ込みで上から殴られるので機能せず、こちらの嫌なことを全部されて負けました。
ミカヤ対面は苦手です。

5回戦 緑紫ミカヤ 負け チーム負け

ゲロ吐きました()
4戦目よりも内容は悪く、デッキを半分掘ってもガウェインが1枚しか落ちないため、せっかく手札に揃ってる5cエリンシアがただの紙切れになってテンポロス。
その間にまたもやトパックサナキルーテで手札循環かつデッキ圧縮であっという間にデッキは2周目。
こうなると得意の数値勝負も支援Xで阻まれるので攻撃も通せず負け。
悲しい…。

終結

こんな感じで最後いいところを全く見せられず2勝3敗の負け越しで悔いの残る結果に。
チームは予選落ち、ぼくが負けたゲームはチームも負けてるあたり戦犯感凄まじいですね...!
カム子は取りたかったですが、ぼくのザコメンタルとお相手の丁寧プレイングがきっちり噛み合ってダメでした、アーメン。
精進します。

おわりに

せっかくなんでチームの調整会で一番面白かったエピソードを披露したいと思います。
まぁ殴り環境なので多いと思われるアルを相手によく調整していたのですが、先攻を取られ、2T目に竜人を2回捲られ、そのあともう1回竜人を捲られてトドメにマシュー。
こちらがガウェインに乗った時にはすでに絆6枚のアルがいて絶望しながら戦ってたんですが、80+30でアルパンチを弾きまくってガウェインが勝ちました。
流石に流石にって感じなんですけど、これはガウェインが殴り合いに強いという証明にはなるんじゃないかなって思います。
あんまり流行ってない主人公ですけど、結構使ってて楽しいので、16弾で緑のパーツ買ったはいいけど何組もうみたいになった時にはぜひどうぞ!ガウェイン安いし。