1年ぶり以上のオスティア闘技場に参加しました

f:id:ragnellike:20201025181153j:plain

ひっさしぶりにオスティアに参加してきました。
18弾以降は人生の一大イベントをこなす日々で精一杯だったので、サイファは趣味程度にお休みしてあまりこういった場に顔を出すことはしていなかったのです。
しかしそのへんも諸々落ち着いたので、1年ほどのブランクを経て再び参加してみました。
今回は、その使用デッキの紹介と簡単なレポートが主となります。
よろしければ、お付き合いください。
(ヘッダ画像は、組んでくれたチームメイトの使用主人公です。組んでくれて本当にありがとう!)

構築環境

22弾

デッキ概要

新しく追加された、「蒼炎と神剣の英傑 アイク」を軸にした、ビートダウンを意識した新たなアイクデッキです。
「奥義 天空」を連打してユニットを撃破、あわよくば主人公もそれで撃破することを主眼において構築してみました。
ユニットを並べるので手札消費はそれなりに激しく、息切れするとそのまま負けに直結するので、5~6ターン目での決着が望ましいです。

デッキレシピ

f:id:ragnellike:20210311191040p:plain

コンセプト

  • 3ターン目CCの時にリュシオンを出して、それまでのユニットを生き残らせる or アスタテューヌを出してアイクの戦闘力を100にしたい!
  • リュシオンを維持しながらメダリオンのユニットをターンに応じて展開して安定して天空を撃ちたい
  • 受けはこれまでのアイクと違って70しかないので、タコ殴りにされないように移動手段をきちんと用意して逃がす択を作る

採用理由

無敵の剣技を継ぐ青年 アイク
f:id:ragnellike:20201025175907p:plain 1枚 主人公。無敵の剣技を継いでいるので採用しました。ってのはもちろん冗談で、できるだけオーブを割りたいので殴り50、セネリオを出せれば2ターン目CCされてもまぁ通せるでしょってことで採用。実は直前まではずっと殴り負けしたくなくて12弾のアイクだったり、通したあと脇を受けまで固くして維持したくて12弾N+Xのアイクだったりしました。そのあたりはお好みで。
蒼炎と神剣の英傑 アイク
f:id:ragnellike:20201025175513p:plain 4枚 主軸。書いてあることは結構強そうですし、実際決めるとかなり気持ちの良い豪快なスキルを持ってきてくれました。「奥義 天空」は戦闘力100で主人公を攻撃しなければいけないので釣り出しや脇の撃破スキルを持つユニットの採用、および打点を上げる効果を持つユニットの採用が優先されるかと思います。
父の魂を継ぐ者 アイク
f:id:ragnellike:20181001125618p:plain 4枚 サブプラン。100で主人公を殴れる「亡父のウルヴァン」であちらと同様に高火力で通すことができるので、似た感覚で運用できます。主にHRロイなどの撃破されないユニットと当たった際でこちらにCCするのが目的…なのですが…(詳細は後述)
傭兵団の才士 セネリオ
f:id:ragnellike:20201025175916p:plain 4枚 アイクの傍にはセネリオあり、を体現するカードがついに出てぼくはとても嬉しかったです(KONAMI)。息してるだけでアイクの打点を上げ、捲れれば魔術の紋章で手札を整えるとともに退避にシグルーンで呼ぶ羽ユニットを捨てられる。採用!
静かなる凄風 セネリオ
f:id:ragnellike:20190627125438p:plain 4枚 積極的にオーブを割るので、「分断の智略」で相手のドローロックをさせやすく、下級もいるので「戦局を覆す風」で撃破無効のユニットすら吹き飛ばす、まさに凄風…。4枚採用。4ターン目はシグルーンCCかこのセネリオ出撃が安定択となります。
優しき白天馬 シグルーン
f:id:ragnellike:20190325130156p:plain 4枚 基本的には5cのシグルーンがプルメリアに破廉恥と言われるのでそのケアのために積んでいますが、天空の紋章も偉いです。シグルーンで呼べないので天空の運び手を使用したことは今まで一度もないです。序盤殴りに行くなら5弾1cも選択肢ですが、そうなると2ターン目に一緒に出せる羽がハールしかいないのであまり安定しないかなと思いこちらに。
皇帝を護りし神翼 シグルーン
f:id:ragnellike:20190325130155p:plain 4枚 4ターン目にCCで出せればなお良いですが、基本的には5ターン目の詰める or 返しづらい盤面を作り上げるためのキーとなるユニット。「親衛隊よ、我に続け!」で、色関係なく2c以下のユニットを呼べるので、2cリュシオンと2cプルメリアを呼ぶのが一番多いかも。殴られ負けそうなら、1cハールを呼んで、アイクで殴りつつ下げ、ハールは歩いて壁になる、などもできます。手札によっては呼んだプルメリアで必殺を撃つなども可能で、様々な択を生み出してくれるカードです。必須と感じているので4枚採用です。
黒き竜騎士 ハール
f:id:ragnellike:20171114125833p:plain 4枚 シグルーンで呼べる羽ユニットその1。先述したようにアイクを逃しつつ壁にできたり、昼寝は行動済みにならないのでシグルーンのスキルのコストにしたり、成長をトリガーにリュシオンを出したり、あわよくば必殺でパンチしたり、5弾から緑ビートはお世話になる優良カード。
麗しき歌姫 リアーネ
f:id:ragnellike:20180330202033p:plain 2枚 事故回避や必殺引き込みなどの役割はもちろん、アイクの打点を上げるだけ上げて「再会の翼」で手札に戻して手札消費を抑えるなどの働きが期待できます。シグルーンで呼べる羽ユニットその2。優先度は他に比べると低くシグルーンで必要に応じて呼べれば良いので2積み。どこか削って3枚にしたいような気もしますね…。
勇心の白翼王子 リュシオン
f:id:ragnellike:20200523004649p:plain 4枚 アイクの打点を上げることができる優良システムユニット。「「負」の消えた世界」でアイクCCターンに効果で出撃しつつ、「まばゆき白羽」で処理もしづらいので以降も居残って、「奮起の歌声」でアイクの戦闘力を上げ続けるのが仕事。リュシオンが居残り続ける限り、以降のターンは緑のユニットを1体出すだけで天空が撃てるので、非常に安定感が出ます。シグルーンで呼べる羽ユニットその3。
ひだるき大賢者 イレース
f:id:ragnellike:20181001125641p:plain 4枚 ドローソース兼、ボード処理兼、場合によってはフィニッシャー。リュシオンかピアニーが場にいれば、イレースで周りを全部撃破すれば「奥義 天空」で主人公を撃破エンドも狙えるので、イレースが出てきたら対面が死んだ顔になることも。ドローソースとはいうものの、基本的に「美味しいお料理…うっとり」からの「お腹の空く雷魔法」が一般的な流れなので、実際手札増えないです。あとあまりにも脇のユニットが多い場合に無理にイレースで撃破するのは禁物。ご利用は計画的に。
暁の女神 アスタテューヌ
f:id:ragnellike:20200523003930p:plain 4枚 0コストで出せるのでアイクの打点を上げ、「分かたれた「負」」でシグルーンの効果のために退避を肥やし、最終的に「眠りし「正」」で1ドローで手札が減らない。まぁ採用です。アイクCCターンに上述のリュシオンと共に出すと、3ターン目から「奥義 天空」が撃てます。だいたい3ターン目は相手も主人公しかいなかったりするので、タイミングとしても◎。
幸夢を運ぶ少女 ピアニー
f:id:ragnellike:20200702170141p:plain 4枚 無色ではあるものの、条件付き0c、+20パンプ、支援30と入れない理由がない要素がてんこ盛りのパワーカードなので採用しました。よくやっちゃうんですけど、あくまで絆は表3枚でないと引けないので注意。このデッキが絆を消費し始めるのは早くて4ターン目シグルーンなので普通に5ターン目に出す分にはほぼ確実に引けるのですが、これらを使ったあとに出すとたまに引けないです…。妖精全般に言えますが、射程もあるので必殺前提で戦闘に参加させるのも吉。
欲望を満たす夢魔 プルメリア
f:id:ragnellike:20200702170219p:plain 3枚 シグルーンで呼べる羽ユニットその4。2ターン目が空くのでそのターンを埋めつつ、後に必要になればシグルーンで釣ってくることもできるので、構築上相性もよく採用しました。相手のデッキを良く見て、5ターン目に出てきそうなやばいカードを止めるために先行して出しましょう。

対戦記

1回戦 黄無ディアドラ 勝ち チーム勝ち

初手が4cアイク×2、4cセネリオ、リュシオン、アスタテューヌ、ピアニーっていうなんか4ターン目までこれで戦ってくださいっていう最強手札だったのでキープ。
先攻だったので、まぁ初手無色絆置きでも出撃に影響ないしということで、この中では優先度の低いと思われるピアニーを絆に置いてエンド。
お相手1cシグルド出撃で攻撃され通る。その後壁にされるもトップからプルメリアを引いて解決。プルメリアスキルでシグルドを撃破しディアドラに1パン。
3ターン目、CCからのリュシオンアスタテューヌで1人しかいないディアドラに天空をぶつけてオーブを2枚割る。
4ターン目、4cディアドラCCでまたしても1人なので、セネリオを出撃しつつ天空で撃破。ここは回避。
5ターン目、たぶんシグルーン出撃から全て顔。お相手回避がなくて勝利。
リハビリも兼ねた本番一発目はまず勝利で飾れてホッとしました。

2回戦 紫無アル 負け チーム負け

たしか後攻でマリガンして天空アイクを引いたような気がする。
先攻取られて竜人メタもないので、基本的に速度負けするでしょうという予想。
こちらは1cセネリオを出撃させつつまずは脇の処理を強いられる防戦の展開。
セネリオは生きたので、3ターン目CCからのリュシオン出撃。天空で撃破。
返しの4ターン目で相手は絆4、幸いにも竜人は1度も捲れていなかったのですが、代わりにアルは100%起きていたので残オーブは残り1。
まぁアルの絆5の動きと言えば、「ゼ」ですね。
殴られていたおかげで手札は潤沢だったので、こちらは4ターン目にシグルーンCCからのプルメリア、ハール出撃でゼフィールの出撃を防ぎながらハールでアイクを下げ、ハールは歩いて前衛に移動して壁に。
これでまぁ死なんやろガハハwとか思ってターン返したら、アイクが殴ったせいで手札が増えたからかわかりませんが、ピアニードロー、1cファ、1cミルラ、1cロイとなんかワラワラ出てきて壁は完璧に処理され、アルはもちろん起きて回避が足りず撃沈。
お相手からは「次はゼフィール出して押せ押せで行けると思ってたらプルメリア出されて、手札に出せるカードが何もなかったんで負けるかと思いました。」というコメント。
死線読みが甘いのが反省点。速度負けするならちょっとだけ待ってみるのも手だなと思ったゲームでした。

3回戦 紫単ロイ 負け チーム負け

今大会で最も踏みたくなかった対面。ロイって知ってます?ロイも含めて全員「スキルで撃破されない」HRがいるんですよ。
一応そのへんはアイク握る以上承知はしてたので、ワンチャン掴むために14弾の斧アイクを採用していたのですが…。
サイファの基本的なルールとして、手札を決定するまで相手の主人公はわからないので、当然天空でキープし地獄を見ることに。。。
ちなみに相手のロイはいわゆるLISショット型。スーとルトガーによって何回も殴ってくるやつですね。
主人公オープンしてまぁ絶望して、必死に斧アイクを引き当てようと魔術狙いでガンガン殴りますが、所詮はセネリオ4枚、そう簡単に捲れるはずもなく天空にCC。
天空で撃破されませんが持ってたのでリュシオンとアスタテューヌも一応出撃。スカる天空。かなしい。
お相手4ターン目、スー前衛出撃で2ターン目から生きていたセネリオを処理して、その後ロイがめくった天空紋章で後衛に。
普段なら脇なんぞ天空で撃破なんですけどあいつ死なないんですよね、そういう時に限って他の解決札もなし。
スーの処理はできずターンを返し、5ターン目ロイLISにCC。あとはルトガートップ起きからの出撃でおなじみのショット。負け。
ん~どうすればよかったんでしょうか…。できることなら対面はロイだよって当時のぼくに教えてあげたいです。

4回戦 黄無ディアドラ 勝ち チーム負け

終戦は初戦と同じディアドラ。ただし流石に初戦ほどのつよつよ手札でもなければ先攻でもないという。
1ターン目は後攻だったので、セネリオ出撃して2パン。
返しに1cシグルドを盾にされて下がられるも、またしてもトップからプルメリア。お前ぼくの事好きか?
初戦と同じようにプルメリアでシグルドを撃破して1パン。
お相手3ターン目はディアドラCCだけで1人だけかと思いきや、フロージ出撃で天空撃破を回避する動き。 返しのアイクCCリュシオンとアスタテューヌ出撃で天空…って言いたかったんですけどここまで成功率100%だったものが4戦目も続くことはなく、リュシオンだけ出して90からパンチ。
逆に言えばリュシオンは100%3ターン目に出してるのまぁまぁズルいですよねw
相手はディアドラスキルで絆を伸ばしていたので、5cナンナ出撃。さらにナンナのスキルで絆を2枚裏でブースト。
これはセネリオの「戦局を覆す風」でデッキに戻させ、残っていたフロージを天空で撃破しつつ1パン。セネリオでもう1パン。
ドローロックされることがわかっているのに手札4からオーブを2枚もらったあたりで回避がなさそうなことを察する。
お相手はシグルドCCで絆を1枚伸ばしここでもう絆10。すごい。更にナンナを出撃され、シグルドのスキルでシグルドとナンナが100受けに。
こちらの5ターン目はシグルーン出撃からのプルメリアとハール出撃。下がったディアドラをシグルーン「制空の陣」で釣り出し。
ディアドラに30パンプは振られていないので、アイクは120くらいから天空でシグルドを撃破しつつ1パン。シグルーンも「誅罰の陣」で念の為打点を上げて1パン。お相手回避がなくて勝ち。

終戦

チーム戦績は1勝3敗。個人戦績は2勝2敗で予選落ちとなりました。
敗者対戦用サブイベントにも参加していましたが、賞品が出ない代わりに1戦ごと好きなデッキを使っていいよって言われてたので、適当にフリー用のデッキ回して遊んでました。
そんなわけでここはあまり真面目に戦績とか書くのもアレかなって思うしなにより眠いので割愛しますw

反省点

もともと絆の枚数に応じたコストのユニットを出してくる中速デッキは比較的得意なので、その点ディアドラに2勝できているのはしっかり得意な相手を獲ったという意味で評価点と思います。
逆に受けが70しかないことでチンパン系は苦手意識があるんですが、そこは自分もアルを組んでいるので練習して対処を身につけていた…と思っていただけでしたね…。
まぁ社交辞令かもですがアルの人に苦しかったと言わせたので、なおさらもう少し慎重になるべきだったとここは反省。
ロイ戦については、代案を用意していても引けなければ意味がないというのを痛感したゲームでした。別に斧アイクに乗ってても天空よりは戦えるってだけで有利になるわけじゃないんですけどね。

総評

久しぶりのシャバの空気はうまかったです。あとはなんというかまぁ単純に疲れましたね。
何人参加していたのか知らないんですけど、多分20チームくらいいたと思うんで60人くらいですかね?
それだけの人が集まる場に行くということ自体がこのコロナ禍では大変希少となっているように思うので、耐性が落ちているのもあったと思います。
打ち上げとか行く元気もなかったのでまっすぐ帰宅しました。自覚はないですがこの辺プレイにも影響してたかもしれないんで、次参加するときはもっと体力つけたいと思います…!

参加者スタッフ各位、この度はお疲れさまでした…!